4 清雲院お夏の方


お夏の方

 

内佛に御木像が安置されている清雲院お夏の方は、安濃津の出身で徳川家康の側室でした。家康の没後は江戸城三の丸に住し、伊勢商人の江戸進出に助力しました。西来寺の奥殿建立に尽力し、家康の33回忌には観経曼陀羅を西来寺へ寄進しました。兄は、長崎奉行をした長谷川左兵衛藤広(日本に「そろばん」を広めた人)で、叔父は、西来寺の大檀越である長野蔵之烝秀成です。